介護現場の今

誰もが長生きしたいと思っています。
そしてそのために誰もが自分の健康のことに気を遣います。
勿論自分だけでなく、自分の家族のことも心配するでしょう。
私達は、自分だけでなく、自分の親がこれからどうなるか、ということに関しても心配するかもしれません。
もし親の介護が必要になったら、どうすれば良いのだろう、という悩みを持っておられる方は少なくないかもしれません。
そしてそれは、現代における「介護」という分野が持つ様々な問題点が、より私達を不安にさせていると言えます。
皆さんも、テレビのニュースなどで、介護源場が持つ問題点に関してのニュースが報道されていることをご存じかもしれません。
またそれによって今後の介護、そして私達の生活そのものについても不安を持たれている方が少なくありません。
こういった世の中において、自分たちが介護についてどのような意識を持っていれば良いのか、という点も考える必要があります。

日本では、それに伴って超高齢化も進んでいます。
そしてこれからも介護を必要としている人が増えていますが、それに対して実際に介護を行う人、行える人が足りていません。
それには、やはり『介護疲れ』やそれが引き起こす様々な事件が、多くの人を介護職に就かせることへの足止めとなっているかもしれません。
これから高齢者がさらに増えていく世の中にあって、私達が介護という問題にどう向き合っていくか、これを考えることは必要です。